電気メスによる治療を行う

水着姿の女性

皮膚科で診察を受けたい

いぼは顔や首、胸、膝、足の裏などに出来るケースが多いですが、いぼにも種類があるので特徴を知っておきたい人が増えています。加齢が原因の場合はウイルスが原因ではなく、紫外線や衣類やネックレスなどの摩擦などが原因でできることが多いです。直径が2、3?の小さい形状の物が多いですが、5mm以上の大きな物もあるので、見た目の印象が悪く悩んでいる人が多いです。水いぼは比較的柔らかいのが特徴ですが、ウイルスが原因で発症するため、プールなどで感染することが多いです。複数できる場合が多いですが、自分でハサミで切ったりすると、健康な皮膚の部分にも影響が出てくるので、絶対に避けて下さい。加齢が原因の場合は人に感染することはありませんが、ウイルスが原因の場合は人に感染する可能性があります。早めに皮膚科のクリニックを受診して、診察を受けて下さい。皮膚科のクリニックでは視触診をすることで診断が付くことが多いです。比較的大きいサイズの場合は、外科手術を勧められることが多いです。電気メスによる手術は、傷の治りが速いのが特徴です。いぼはウイルスが原因の場合は、プールや人との接触などで起こる場合がありますが、加齢が原因の場合は紫外線や衣類との摩擦、アクセサリーによる擦れなどが原因です。普段からお肌に優しい素材の衣類を着用することや、強い紫外線を浴びないことも大事です。皮膚科や美容皮膚科のクリニックでは、液体窒素やレーザー治療などが受けられるので、医師に診察をしてもらい、最適な方法を提案してもらうと良いでしょう。直径が5mm以上で盛り上がっている場合は、電気メスによる手術が受けられます。事前に表面麻酔をしてくれるので施術中は痛みを感じることはありません。手術が終わった後は絆創膏やテープなどを患部に付けてくれるので、直接水が掛からないようにしましょう。いぼは顔や胸、首、脇の下などにも見られることがありますが、数が増えてきたり、大きいサイズの物があったりするので悩んでいる人は医師に相談をして下さい。40代以降に多く見られますが、遺伝的な要因を持っている場合では20代でも、皮膚に出来ることもあります。

拡大化する脂漏性角化症

顔に触れる女性

30代以降に出やすくなるのが脂漏性角化症といういぼです。小さいうちは炭酸ガスレーザーで除去することが多いですが、大きくなったものは手術で取ることになります。手術は一度で除去できるのと瘢痕が残りにくいのが利点です。

詳しく見る

意外とお手軽

女性

いずれにせよ大切なのは、ひとまず病院に行ってみることです。そこで自分だけのやり方を見つけましょう。お金や時間をかければできるというものではありません。専門の医療機関にかかって自分なりの「いぼ除去手術」を探しましょう。

詳しく見る

皮膚科の見極め術

医者

いぼが出来てしまったら、いぼが進行する前に美容皮膚科で治療を受けるのが得策です。患者との対話を大切にしており、治療実績が多い医師を選ぶと信用できます。人気の病院は予約が殺到するので、早期の予約がお勧めです。

詳しく見る

美容整形外科を利用する

看護師

美容整形外科でいぼを手術する場合、カウンセリングが必ず行われます。医師の見解を聞いて希望に沿うか否かや金額を確認できます。納得できたら同意書に署名すると受けられます。この際断る事も自由なので、複数機関で意見を聞いて決める方法もできます。

詳しく見る

美容クリニックの利点

顔に触れる女性

通常の治療で中々根治しないウイルス性いぼや大きな老人性いぼでは、切除法という手術が選択されることがあります。細胞より少し大きめに切り細胞を取り除き縫合、1週間後くらいに抜糸します。手術跡は他の治療法より目立たないかもしれません。

詳しく見る

Copyright© 2018 気になるいぼは手術をして丁寧に除去【電気メスによる手術】 All Rights Reserved.